事業目的
国民の生活水準の向上、祝日の増加による余暇時間の拡大等を背景に、
多種多様なレクリェーション活動が行われています。
海洋レジャーもその一つでありプレジャーボート等の利用が増加しています。
過去、九頭竜川河口域でも約850隻もの船舶が係留され、
それぞれの目的で利用されていました。
そのうちの約300隻が不法に係留されており流水の妨げになったり
ゴミ、騒音、違法駐車等の苦情が寄せられるなど各所で弊害が起きていました。
そこで、本事業はこのような不法係留を是正し時代に即した水面利用を創造するため、
又歴史ある港町三国の風情と景観を守ることを目的に建設整備されたものであります。